認知症

任意後見契約の必要性と有意性 終活コラム

任意後見契約の必要性と有意性

人生のライフエンディング・ステージにおけるリスクとして「認知症」の問題があります。平均寿命が延びてきた昨今の超高齢化社会においては「老々介護」が「認認介護」になってしまうなど大きな問題となっています。 このような情勢の中、本人より家族の方が危機感を募らせることが多いと思いますが、また、おひとり様やお…
認知症って何? 終活コラム

認知症って何?

最近よく問題視されている認知症とは何か、語句説明的に言いますと、脳の神経細胞の死滅や破壊により、記憶・思考・感情などをコントローする機能に不具合が生じることで様々な障害が起こり日常生活に支障が表れている状態のことをいいます。以前は「痴呆」という表現でしたが、2004年に「認知症」と改称されました。 …
遺言と事務委任契約 相続コラム

遺言と事務委任契約

「遺言」は自分の亡き後自分が遺した財産をどのように処分するかを決めておくもので、自身の意思表示、相続争い防止などの一定の効果があるものです。 数年前までは、遺言なんて死を連想させるから縁起が悪いなどと言われ敬遠されていましたが、最近は積極的に遺言の作成を考える人が増えてきました。 「遺言」を遺すこと…
任意後見契約ってなに? 終活コラム

任意後見契約ってなに?

認知症になったらどうしよう! 自分が不安になるだけではなく、家族も不安になる文言です。しかし、いざ!というときにならないと行動しないのが多くの人間の性でもあります。 認知症になるということは社会生活を営む上でどのような弊害があるのでしょうか。 認知症の症状というのは代表的なものでいうと「物忘れ」から…
財産管理委任契約・見守り契約について 相続コラム

財産管理委任契約・見守り契約について

認知症など判断能力が低下した場合に利用できる制度として成年後見制度があり、「法定後見制度」と「任意後見制度」があります。 「法定後見制度」は直ぐに保護を必要とする人が家庭裁判所に申し立てを行い成年後見人等の保護者を選任してもらう制度です。 「任意後見制度」は本人の判断能力が十分なうちに、判断能力が不…
終活とエンディングノート 相続コラム

終活とエンディングノート

最近は一時の勢いは何処へやらというほど「終活」をテーマにした話が少なくなってきたように思えます。 一時的なブームだったのでしょうか、それとも話題にならないだけで根強く残っているのでしょうか。 筆者の個人的な見解ですが、確かに一時的なブームはあったものの、「終活」というものが世間に広まったことは確かで…
自分で意思表示ができなくなったとき、家族は・・・ 相続コラム

自分で意思表示ができなくなったとき、家族は・・・

相続対策(準備)の重要性等が世間一般では取り上げられ、自分が亡くなった後に家族が困らないようにしっかり準備をしておきましょうといわれています。 そんななか忘れられがちなのが、自分が亡くなる前、もっといえば直前の時期のことです。 家族に一言だけ残して亡くなっていく、というシーンはドラマにありがちなもの…
遺産分割・・・認知症の配偶者と子が相続人のケース 相続コラム

遺産分割・・・認知症の配偶者と子が相続人のケース

相続が開始した時に一番頭を悩ませるのは、被相続人の遺産を誰がどのように承継するかという問題です。まさしく遺産分割問題です。世間で相続は揉めるというのは、この遺産分割問題そのものです。 この遺産分割問題、誰が、何を、で揉めるのは相続人が元気だから揉めることができるのですが、1人でも相続人が元気でなかっ…
エンディングノートは、何のために、何を、どのように書くのか? 相続コラム

エンディングノートは、何のために、何を、どのように書くのか?

このコラムを読まれる方々は、エンディングノートとは何か知らない人はいないと思いますが、何のために書くのか、何を書くのか、どのように(あるいは、どんなノートに)書くのか、などについての考え方はそれぞれだと思います。 エンディングノートとは何かについては割愛させて頂きまして、何のために書くのかということ…
成年後見制度と相続 相続コラム

成年後見制度と相続

相続開始前において、被相続人が完全なる認知症となってしまい、成年後見制度を利用せざるを得ないケースがあります。 成年後見制度というと最近では成年被後見人の財産管理を行うはずの成年後見人が私用に使い込みをしていたなどと悪いニュースを耳にする方もいるのではないかと思いますが、制度そのものをよく知らずに利…