終末期医療

おひとりさまの終活は”水先案内人”となる専門家探しから始めてはいかがですか! 終活コラム

おひとりさまの終活は”水先案内人”となる専門家探しから始めてはいかがですか!

相続を考える上で「おひとり様」という言葉を聞いたことがあると思います。簡単に言いますと、本人の財産等を承継する直系卑属がいない人のことですが、子供のいない夫婦の場合も一方の配偶者が亡くなった後は遺されたもう一方の配偶者は「おひとり様」となりますので、子供のいない夫婦の場合も「おひとり様」になった時の…
死後事務委任契約…お一人様や親族と縁遠い人のために 相続コラム

死後事務委任契約…お一人様や親族と縁遠い人のために

自分が死んだ後のことを考えたことがありますか。縁起でもない、という方もいるのではないかと思いますが、このコラムを読んでいる方は多少なりとも問題意識を持っているのではないかと思います。 普段自分が使っている衣服や小間物類は勿論のこと、パソコン、携帯電話など自分の持ち物のほとんどは自分の死後に処分されま…
遺言と事務委任契約 相続コラム

遺言と事務委任契約

「遺言」は自分の亡き後自分が遺した財産をどのように処分するかを決めておくもので、自身の意思表示、相続争い防止などの一定の効果があるものです。 数年前までは、遺言なんて死を連想させるから縁起が悪いなどと言われ敬遠されていましたが、最近は積極的に遺言の作成を考える人が増えてきました。 「遺言」を遺すこと…
終活とエンディングノート 相続コラム

終活とエンディングノート

最近は一時の勢いは何処へやらというほど「終活」をテーマにした話が少なくなってきたように思えます。 一時的なブームだったのでしょうか、それとも話題にならないだけで根強く残っているのでしょうか。 筆者の個人的な見解ですが、確かに一時的なブームはあったものの、「終活」というものが世間に広まったことは確かで…
自分で意思表示ができなくなったとき、家族は・・・ 相続コラム

自分で意思表示ができなくなったとき、家族は・・・

相続対策(準備)の重要性等が世間一般では取り上げられ、自分が亡くなった後に家族が困らないようにしっかり準備をしておきましょうといわれています。 そんななか忘れられがちなのが、自分が亡くなる前、もっといえば直前の時期のことです。 家族に一言だけ残して亡くなっていく、というシーンはドラマにありがちなもの…
エンディングノートは、何のために、何を、どのように書くのか? 相続コラム

エンディングノートは、何のために、何を、どのように書くのか?

このコラムを読まれる方々は、エンディングノートとは何か知らない人はいないと思いますが、何のために書くのか、何を書くのか、どのように(あるいは、どんなノートに)書くのか、などについての考え方はそれぞれだと思います。 エンディングノートとは何かについては割愛させて頂きまして、何のために書くのかということ…