空き家

ハイブリッドな専門家が必要なわけ 相続コラム

ハイブリッドな専門家が必要なわけ

「相続専門」の看板を掲げている専門家は多くいますが、蓋を開けてみると「相続の中の不動産について」や「相続発生後の税務申告について」、「相続発生後の不動産登記について」、「相続準備のための生命保険について」など、相続という大きな括りの中の小さな専門分野であるということも珍しくありません。 そういう専門…
相続で取得した家が空き家に…放っておくと大変なことに? 相続コラム

相続で取得した家が空き家に…放っておくと大変なことに?

相続で相続人が取得するものの一つに不動産があります。この不動産、望んで取得する場合と望まずに取得する場合ではその後の不動産のあり方に雲泥の差が出て来る可能性があります。 望んで取得する場合のことはここで述べる必要はないと思いますので、望まずに取得する場合についてお話ししたいと思います。 遺産を誰が承…
相続の結果としての空き家…何故? 相続コラム

相続の結果としての空き家…何故?

最近問題視されている「空き家」はどうして発生するのでしょうか。 「空き家」発生にはいくつかの原因があると思いますが、その代表格が「相続」です。 相続というのは亡くなった方(被相続人)の財産を家族等(相続人)が引き継ぐ制度ですから、家も引き継ぐから「空き家」にはならないのではないか、という疑問を持たれ…
相続登記と空き家 相続コラム

相続登記と空き家

昨今問題となっている「空き家」ですが、原因の一つに相続があります。 <ケース1  魅力がない遺産としての家> 空き家も元々は人が住んで、家族団欒の場であった時代があったはずです。しかし、時代とともに親と住んでいた子供達は巣立って、地方の者は都会へ出て行き、都会の者も親元を離れ自分の生活を始め、家族団…
知っておきたい「被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例」 その他コラム

知っておきたい「被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例」

遺産の中に相続人の誰もが承継したがらないものがあった場合(負債を除く)、誰がそれを相続するかで遺産分割協議はまとまらなくなります。例えば、相続人の居住地域から遠方にある当該相続人にとってはお荷物となってしまうような不動産、遠方ではなくても利用価値のない不動産など、様々なケースがあると思いますが、被相…