相続権剥奪

相続廃除と遺言廃除 相続コラム

相続廃除と遺言廃除

相続が開始した時に相続人となるべき人は法律で決まっています、これを変更することはできません、いわゆる法定相続人というものです。 その法定相続人を個々の家族構成に当てはめて、個別の相続に関して相続人となるべき人を推定相続人といいます。 個別の相続に関してなのになぜ“推定”という言葉付いているのでしょう…