東京都の行政書士

配偶者の相続権に関する一考察 相続コラム

配偶者の相続権に関する一考察

被相続人の配偶者は常に相続人となり、血族相続人があるときはその者と同順位とする、と法定相続人としての確固たる地位を配偶者は持っています。被相続人の血族相続人には順位があり上位の者があるときは下位の者は相続権を有さないのに対して、配偶者は常に相続人となるというある意味強い立場にいるわけです。更に、相続…