終活コラム

終末期医療に関する考察 終活コラム

終末期医療に関する考察

相続の仕事をしていると相談や依頼は当然の如く相続のみならずその周辺の事柄にまで及びます。相続開始前であれば、一般的には相続を含めて終活ということになります。 今回は、相続開始直前時期となるであろう「終末期医療」の問題について考えてみたいと思います。  終末期医療という言葉からすぐに連想されるのが「延…
ライフエンディング・ステージにおける専門家のシームレスなサポートの必要性 終活コラム

ライフエンディング・ステージにおける専門家のシームレスなサポートの必要性

ライフエンディング・ステージという言葉は最近ではよく見かける言葉になってきました。 本人が人生の終末期を迎えるにあたって、その時期の準備や死別後の準備を生前の元気な時に行なっておくという「いわゆる終活(相続準備を含む)」と、死別を迎える「遺族が」その後行わなければならない遺産承継等の相続手続き、遺品…
配偶者死亡後の親族関係解消 終活コラム

配偶者死亡後の親族関係解消

 相続において揉める原因の一つとして寄与分があります。この寄与分は「特別の寄与」に該当しなければ認められないという特性があるため争いの原因となり得るわけです。 「特別の寄与」は、寄与の度合いが親族間で通常求められる程度を超えるものでなければなりません。 親族間では通常「扶け合い義務」があります。民法…
「人生会議」に関する考察 終活コラム

「人生会議」に関する考察

 「人生会議」とは、厚生労働省が推奨する取組で、人生の最終段階の終末期にどのような医療やケアを受けるかを事前に考え、家族や医師などと話し合い共有する「ACP:アドバンス・ケア・プランニング」の愛称です。 昨年、厚生労働省が「人生会議」の言葉と考え方の普及のために某タレントを起用したポスターを発表しま…
相続・終活,専門家に求められるものとは 終活コラム

相続・終活,専門家に求められるものとは

 相続といえば遺言、終活といえばエンディングノートというような代名詞で語られるようなこともありましたが、少子高齢化による「老老介護」の問題や「おひとりさま」の課題などで知られるように、今や相続や終活は一言では語ることができなくなりました。 相続を考える上では、遺言や税金の問題だけでなく、お墓の承継者…
「終活」これからの新しいステージ 終活コラム

「終活」これからの新しいステージ

エンディングノートに代表される「終活」ですが、実は様々な分野が関係してくる広範囲にわたるものなのです。しかし、「終活=エンディングノート」のイメージから抜け出すことができない人が多くいることも事実です。 「終活」の専門家を名乗る人でさえ、今だにエンディングノートの書き方をメインにしているようなことも…
おひとりさま信託に関する考察 終活コラム

おひとりさま信託に関する考察

相続や終活を考える際、相続人あるいは家族がいることを前提に様々な事項について検討することが一般的ですが、相続人あるいは家族がいない場合には検討事項や方向性が全く変わってくるのは当然のことです。 数年前までは相続人のいない独身者等は、自身の相続のことを含め死後のことなどは自分には関係ないというスタンス…
認知症対策としての民事信託と任意後見契約に関する考察 終活コラム

認知症対策としての民事信託と任意後見契約に関する考察

相続対策といいますと、遺産分割対策をはじめ納税対策、節税対策、認知症対策など個々の状況によって様々な必要性と方法があります。 その中で昨今スポットが当たりはじめているのが「認知症対策」です。 ”認知症”になってしまうと、現状の財産管理問題は当然ながら、認知症発生後の本人や家族の生活対策としての資金捻…
エンディングノートは「きっかけ作り」と「記録」 終活コラム

エンディングノートは「きっかけ作り」と「記録」

エンディングノートという”言葉”は多くの人の知るところとなり、既に一般的になってきているといえると思いますが、実際にエンディングノートを書くということが一般的になってきているかというと、残念ながらそうとはいえないのが現状ではないでしょうか。 エンディングノートの書き方と題して講座が開催されていたり、…
ライフエンディング・ステージにおける終活を考える 終活コラム

ライフエンディング・ステージにおける終活を考える

「終活」という言葉が世間に広まり始めてから数年経ち、一時期はエンディングノートが終活の代名詞のように世間に広まり、終活に関する民間資格も登場して「終活」は広まりました。 ブームも一段落したかに思える昨今ですが、「終活」の本質的な部分の必要性が改めて認識され始め、ジワジワと浸透してきているように思えま…