遺産分割・相続手続・遺言作成・任意後見契約等、相続・終活専門事務所にお任せください! 些細なことでもお気軽にご相談下さい!
配偶者居住権と配偶者短期居住権 相続コラム

配偶者居住権と配偶者短期居住権

「配偶者居住権」と「配偶者短期居住権」、”短期”という言葉がついているか否かだけの違いのように見えてしまいますが、本質的な部分で異なる二つの権利、4月1日から施行されていますこの二つの権利の違いについて概要をみていきたいと思います。 「配偶者居住権」は、住み慣れた居住環境での生活を維持するために居住…
配偶者居住権が4月1日施行されました 相続コラム

配偶者居住権が4月1日施行されました

 改正相続法が昨年から段階的に施行されてきましたが、2020年4月1日に「配偶者居住権」が施行されました。 「配偶者居住権」とは、被相続人の配偶者が、被相続人の財産に属する建物に相続開始の時に居住していた場合に、遺産分割または遺贈により取得する、その居住していた建物の全部について無償で使用及び収益す…
債務の負担を遺言によって指定できるか  相続コラム

債務の負担を遺言によって指定できるか 

遺産分割の方法は、審判・調停を除いて、協議分割と指定分割とがあります。 文字どおり遺産分割協議による分割と、遺言による相続分・分割方法の指定です。 遺産の中にはプラスの財産以外に、マイナスの財産である負債も含まれます。 遺産分割協議を行う場合であれば、負債をどのように返済するか共同相続人間で話し合い…
非嫡出子の認知と相続分 相続コラム

非嫡出子の認知と相続分

非嫡出子の法定相続分が嫡出子のそれと同じになったのは既にご存知のことかと思います。 しかし、この非嫡出子も「認知」を受けないと権利は発生しません。 この「認知」について少し確認しておきます。 「認知」を要するのは父に関してであって、母に関しては分娩の事実によって母子関係は生じるので「認知」は不要とな…
配偶者と子供が相続人の場合の遺産分割 相続コラム

配偶者と子供が相続人の場合の遺産分割

相続開始後の相続人となる者の組み合わせとして最も多いのが、「被相続人の配偶者と被相続人の子(直系卑属)」のパターンです。 一般的な家庭でいえば”一次相続”でのパターンです。 この場合、遺産分割を考える上で法定相続分だけでいえば、配偶者2分の1、子供2分の1(子供が複数人いる場合にはさらに均等割)とい…
遺言執行者指定の必要性 が高まりました! 相続コラム

遺言執行者指定の必要性 が高まりました!

遺言作成時に遺言執行者を指定している遺言はどれくらいあるのでしょうか。 公正証書遺言であれば公証人のアドバイスで遺言執行者を指定することがあると思いますが、自筆証書遺言では遺言執行者の指定まで及ばないのが現実ではないかと思います。 では、遺言執行者の指定は必要なことなのでしょうか。 昨年改正相続法が…
特別寄与料請求権に関する考察 相続コラム

特別寄与料請求権に関する考察

 「親の介護」という相続では争いの原因となり易い問題で、今まで「寄与分」というなかなか認められづらい制度のために辛酸をなめたきた相続人やその家族が多数存在してきました。 特に相続人の配偶者が介護をしてきた場合などは相続だけではなく、その家族にとっても難しい問題が発生しがちでした。 そのような状況下で…
相続・終活,専門家に求められるものとは 終活コラム

相続・終活,専門家に求められるものとは

 相続といえば遺言、終活といえばエンディングノートというような代名詞で語られるようなこともありましたが、少子高齢化による「老老介護」の問題や「おひとりさま」の課題などで知られるように、今や相続や終活は一言では語ることができなくなりました。 相続を考える上では、遺言や税金の問題だけでなく、お墓の承継者…
「終活」これからの新しいステージ 終活コラム

「終活」これからの新しいステージ

エンディングノートに代表される「終活」ですが、実は様々な分野が関係してくる広範囲にわたるものなのです。しかし、「終活=エンディングノート」のイメージから抜け出すことができない人が多くいることも事実です。 「終活」の専門家を名乗る人でさえ、今だにエンディングノートの書き方をメインにしているようなことも…
補充遺言とは?その必要性は? 相続コラム

補充遺言とは?その必要性は?

補充遺言というものをご存知でしょうか、予備的遺言と呼ばれることもあります。 文字通り、遺言の内容を「補う」ものとなります。 例えば、「A不動産を長男に相続させる」という遺言事項があったとします。 もし、遺言者より先に、若しくは、遺言者と同時に長男が死亡した場合、この遺言事項はどうなるのかという問題が…