遺産分割・相続手続・遺言作成・任意後見契約等、相続・終活専門事務所にお任せください! 些細なことでもお気軽にご相談下さい!
「笑う相続人」と「ほくそ笑む相続人」 相続コラム

「笑う相続人」と「ほくそ笑む相続人」

相続が開始して最初の作業が、亡くなった人の財産を承継する権利を有するのは誰かということです。以前に「相続人は誰か?」のコラムでも相続人について代襲相続や養子等について触れましたが、今回は少し違った角度でお話ししたいと思います。 西欧諸国では昔から「笑う相続人」という言葉が存在していました。「棚ぼた」…
相続は誰のため?・・・世代による価値観の相違と生前準備の必要性 相続コラム

相続は誰のため?・・・世代による価値観の相違と生前準備の必要性

戦後の経済成長からバブル経済まで日本の経済を支えてきた団塊の世代、その子供たちである団塊の世代ジュニア世代、バブル世代、就職氷河期の世代、ゆとり世代などなど、戦後の日本の経済状態等により様々な呼び名でその時代の人々を表してきました。最近では、シェアリングエコノミー世代というのもあるようです。 時代に…
民法改正による「配偶者居住権」創設・・・どうなるのか 相続コラム

民法改正による「配偶者居住権」創設・・・どうなるのか

相続法制の見直しが検討されていますが、以前より配偶者の生活を守るという観点から改正点の検討がされてきました。 今回民法改正案の要綱案がまとめられ「配偶者居住権」というものが新設されるようです。 どのようなものか簡単にご説前します。 この「配偶者居住権」は譲渡や売買はできませんが、亡くなるまで行使でき…
「法定相続情報証明制度」について 相続コラム

「法定相続情報証明制度」について

平成29年5月29日より運用開始となりました「法定相続情報証明制度」について、制度の概要と実務上のメリット等についてお話ししたいと思います。 この制度は、全国の登記所(法務局)で利用することができ、各種相続手続で『戸籍謄本の束』を何度も出し直す必要がなくなるというものです。 「『戸籍謄本の束』を出す…
相続人は誰か? 相続コラム

相続人は誰か?

相続が開始すると最初に行わなければならないのが、相続人の確定です。法定相続人を基準に実際の相続人は誰かを確定させる作業です。これは当人たちにとっては、そんなのは調べなくてもわかるよ、という事柄ですが、相続の手続き上は必要な作業で、第三者に証明できなければなりません。 第三者に証明するとはどういうこと…
事実婚と相続 相続コラム

事実婚と相続

最近増えてきていると言われています「事実婚」ですが、本人たちの希望や置かれている状況など様々な理由によるものだと思います、この事実婚のまま相続を迎えた時にどうなるのか、事実婚と相続について、考えてみたいと思います。 事実婚とは、「婚姻事実関係一般を意味する概念であり、通常、日本では法律婚に対する概念…
相続のとき、家をどうしますか? 相続コラム

相続のとき、家をどうしますか?

相続という話をしたときに、まず頭をかすめるのが「大変」「揉める」などの言葉ではないでしょうか。一般に相続のことを「争族」ともじられたりもします。 しかし、相続はお金持ちの話だから我が家は関係ない、というように無関心を装った方々が多かったのも事実です。 ところが、平成27年1月1日の相続より相続税の基…
配偶者の相続分に関する考察 相続コラム

配偶者の相続分に関する考察

皆さんご存知の通り、配偶者の法定相続分は2分の1です。これを引き上げようという案が「法制審議会」で検討されていましたが、実現困難と判断され、代替案が示されました。 配偶者の相続分に関しては常に優遇されるように法改正が進められています。なぜでしょうか。 まず基本となる考え方が、「夫婦の財産は夫婦が共同…
お一人様・お二人様の相続 相続コラム

お一人様・お二人様の相続

“お一人様”や“お二人様”などの言葉は最近当たり前のように使われていますが、一般的に直系卑属がいない、独身者又は夫婦二人だけの場合を指しています。 相続というものが当たり前のように語られるようになった昨今、どのような問題が発生するか、また、現状どのような問題が発生しているか、ということを検証した際に…